やっぱりカルタヘナ- Cartagena

Fotografía tomada de: contactos.com.co

ご無沙汰です。

2月は色々と仕事の方で行事が立て込んで気がつけば3月になってしまいました。日本では春の香りがし始めているでしょうがここではいつも同じ、今年はそれでもエル・ニーニョの影響で日照りが続いてかなり気温上昇しましたが。
さて、コロンビアといえば世界観光地になっているカルタヘナが上がるはず。確かにスペインの占領当時の城壁がそのままあったり、町あげて旧市街の保護をしてたりと、それに最近は観光客の人たちへとかなりきれいにもなっています。ま、そんななかでも私しか知らないような町の一面を…。

まずは代表的な風景をいくつか。上のはサン・フェリッペ城、昔は入場無料だったのですが最近はとられます。
次は旧市街の入り口の時計台。

Fotografía tomada de: Viajando.travel

そしてちらりと夜景

Fotografía tomada de: Viajando.travel

さて本題、

これらの美しい観光スポットを支えているものの一部に市場があります。なんだかんだ言ってもそこから物資が出され、来訪する人たちの胃袋をアテンドします。そんな市場、裏側の水場の船着場、実は労働力のかなりの部分が対岸のしまからやってきます。そんな船着場の様子を


Fotografías del autor: Hiroshi Kaneko

これらの船で人や物資が日々動きます。そしてここカルタヘナからパナマの国境地域まで物資を運ぶ船。現役です。

Fotografías del autor: Hiroshi Kaneko

この船、トゥルボというパナマ国境近くから、太平洋岸内陸のキブドーという町までアトラト川を昇って物資を運んだりもしています。
片道3日から4日だそうで。

さて、島へ行きましょう。

Fotografías del autor: Hiroshi Kaneko

この時は、ここで魚の取り扱いと料理の講習、実演では太刀魚を使ってセビチェッ、

まだまだ日本のように海の幸を十分活用するところには達していませんが25年前と比べれば格段の進歩、まだまだやることがありそうです。

では、最後に高級観光住宅地のボカ・グランデの写真で

Fotografía tomada de: Pictaram.com

Autor entrada: Hiroshi Kaneko

Ingeniero de Pesca y chef de origen Japonés, experto en gastronomía tradicional de su país y principal asesor cultural de RyûHiKai Corporación Cultural. Docente y músico de corazón, con mas de la mitad de su vida viviendo en Colombia, dedica su tiempo libre a la mediación entre Colombia y Japón.

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *