japonés archivos - RyûHiKai 「龍火会」

メデジン日本語スピーチコンテスト:日本では聞けない「日本語」

第7回メデジン日本語スピーチコンテスト 2017年7月15日、メデジンのベレン図書館にて、日本語を学ぶ学生による、第7回メデジン日本語スピーチコンテストが行われました。彼らが時間をかけて書き、暗記したスピーチは、コロンビア人だからこそできるものであり、それを日本語で聞くという、今までしたことのない経験でした。 日本人がデザインした図書館 ベレン図書館(Parque Biblioteca Belén)は、日本人によりデザインされた公共施設です。図書館といっても、図書室だけでなく、ホールや、たくさんの多目的室があり、イベント会場にもなっています。 ここへは、メトロのアグアカタラ(Aguacatala)駅、ポブラド(Poblado)駅、インダストリアレス(Industriales)駅、エスタディオ(Estadio)駅を通るシルクラル・スール(Circular Sur)というバスが通っています。山手線のように右回り、左回りとあるので、乗る際ベレン行きのことを確認して乗りましょう。 http://www.reddebibliotecas.org.co/bibliotecas/pb-belen 日本語を話すコロンビア人 地球の歩き方でも、ごく一部しか取り上げられていない国、コロンビア。しかしこの国では日本語のクラスがあり、日本に興味を持った生徒達が日本語を学んでいます。 メデジンスピーチコンテストは、そんな生徒達による、誠意のこもった発表の場です。ボゴタからの大使館の方々に審査員をお願いし、入門、初級、中級の3つに分けられたそれぞれのレベルで準優秀賞、最優秀賞が授けられます。その他に審査員賞、最優秀賞が与えられ、第7回の最優秀賞はイサベル・アルニシエガスさんに与えられました。 コロンビア人ならではの日本語 入門の生徒達は、決められた文を工夫して、声の高さを変えたり話し方を変えたりして話していました。初級から、それぞれが考えたテーマのスピーチをしていました。 自分の夢の話、日本への愛、趣味の話、コロンビアの話など、多岐にわたるテーマが語られましたが、その内容は、日本人がもたないコロンビア人の概念が詰まっていてとても興味深かったです。 育った環境が違えば、同じものをみても感じるもの受ける印象は違います。地球の裏側で生まれ育っていれば、なおさら異なる考え方が生まれるでしょう。しかし言語を話すにあたっては、その国の文化の理解が必要です。日本の文化を勉強し、コロンビアの文化と融合した先の、彼らの「日本語」は他では聞けない、「コロンビアならでは」のものでした。 毎年開催されているメデジン日本語スピーチコンテスト。ボゴタでも行われているので、旅や留学の気分転換に、 是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

7 Concurso de Oratoria en Japonés de Medellín

Medellin Nihongo Speech Contest 2017 El sábado 15 de julio desde las 2:00 p.m., en la ciudad de Medellín, se llevará a cabo la séptima versión del Concurso de Oratoria en Japonés de Medellín. Este evento organizado por Nihon Club Medellín y su directora la profesora de japonés Hatano Kaori, invita a los estudiantes del idioma […]

Datos increíbles de las Onomatopeyas en la vida diaria de los Japoneses

Transmitir a través de las onomatopeyas Hara Hara, Doki Doki, Waku Waku, Fuwa Fuwa.. tal vez no es la primera vez que escuchas estas expresiones y aunque todas son diferentes tienen algo en común, son palabras denominadas  “onomatopeyas” término genérico que se utiliza a las palabras que mimetizan, es decir, que intentan copiar información o […]

kotodama 言霊 – el misterioso poder de las palabras

El Japonés y el espíritu de las palabras Hace unos días publicamos las Kotowaza que más nos gustaban del japonés y también una serie de palabras que más nos gustan de la temporada de Sakura en Japón, cuando estudias un idioma, o cuando navegas dentro de todas las publicaciones de internet poco a poco te […]

真っ白な小さな街・ポパジャン(Popayan)

ポパジャン 真っ白でまるでヨーロッパのような外観で、コロンビアの他の都市とは全く異なる雰囲気を持つ、カウカ県の県庁所在地ポパジャン(Popayan)。 スペイン人入植から間もない、1538年に建設されたこの街は、2009年に、3月末から4月半ばのイースター期間に行われる宗教行事がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたこととしても有名です。 ポパジャンまでの行き方ですが、ポパジャンは小さい街なので、ボゴタからは直通便で飛行機が出ている一方、メデジンからは出ていないので注意が必要です。 バスでメデジンから12.5時間。ボゴタからだと、14時間、95000ペソ(2017年4月現在約3800円)。 特にメデジンーカリ間の長距離バスは、山道が続くので、慣れていない方はバス酔いしてしまう可能性がありますので、酔い止めお忘れなく! また、ポパジャンの気温は一年通して17度前後ですが、夜になるとダウンを羽織れるくらい寒くなるときがあるの、気候には気を付けてください。 バスターミナル、もしくは空港から市内中心地にはタクシーやバスなしで歩いていけてしまうと思います(治安もそこまで悪くない印象ですが、ただし、夜はタクシーの利用がおすすめです)。カウカ県の県庁所在地といえども、それくらい本当に小さい街なのです。 ポパジャンは国の中でも有数の歴史ある古い街で、1536年にスペイン人によってその基礎が作られたとされています。コロニアル調の建造物や宗教建築は、スペイン人によって征服された国で登録されるcentro histórico colonial(日本語直訳は、植民地歴史地区) というラテンアメリカ版世界遺産に登録されています。 40%の建物が壊れてしまったという1983年の地震の影響をほとんど見せないほど、白の建造物と金の文字で統一された街並みは、まるでヨーロッパか、というような印象を持たせます。 中心の広場、カルダス公園。カルダスとはポパジャンが位置する県の名前。昼間から地元の人でにぎわう、まさに町の中心です。 1673年~82年に建設されたと言われている、時計塔も広場に隣接されています。 さらに中心から東に少し行ったところにあるプエンテ・デル・ウミジェデロ(puente del humilledero, 直訳で十字架の橋)。12個のアーチを持ち、180mもの長さを誇るこの橋は、断層によって渡るのが難しいとされていた部分解消を目的に1873年に建設がスタートされました。 さらにまた少し歩いたところにあるモンテ・エル・モロ(monte el morro, 直訳すると丘の山)からはポパジャン全部の景色を見ることができます!さすが山だらけのコロンビア、ちょっと登って下を見ると、町が全部見えてしまうんですね。 そして、ポパジャンと言えば、イースター!というのも、この時期にポパジャンで行われる、キリスト復活祭の一つの行事、プロセッション(procesiones)が世界文化無形遺産に登録されているからなのです。スペイン人入植時代の16世紀半ばから行われ続け、コロンビアの中でも有数の宗教伝統的なお祭りだというのが決め手になったそうです。 この、日本人にはあまりなじみのないイースターとは、スペイン語でセマナサンタ(Semana Santa)と呼ばれ、3月の半ばから4月の半ばの、“春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日”とされています。そのため、毎年日付が変わりますので注意が必要です。 ちなみに2017年は4月9日から16日でした。 カルダス広場を中心に2017年は4月11日から15日の5日間、行われました。 プロセッションとは、日本語では聖行列と訳され、キリストの死と復活をお祝いするイースターのミサの一つです。キリストの死についての一連の流れを、様々な模型とともに表現するこのお祭りは、聖なる金曜(el Viernes Santo)が一番の盛り上がりを見せると言われています。 ポパジャンでは約2キロの町の中心を、木製の像(現代でも使われている像の大半が17世紀にできたとされている)を乗せた花の飾られた台や、十字架にかけられたキリストなどの像とともにパレードを楽しむことができます。 セマナ・サンタの世界遺産を狙ってポパジャンに行くのもよし、それ以外の季節にだって楽しめる、真っ白で小さな街、ポパジャンへ是非行かれてみてはいかがでしょうか?

Kotowaza, 10 Proverbios Japoneses para Reflexionar

10 útiles dichos Japoneses Kotowaza traduce como Proverbio Japonés y se puede presentar en un dicho o iinarawashi, normalmente provienen del budismo y son muy utilizados en la vida diaria de los japoneses y hacen el idioma más ágil, es una forma más sencilla de expresar o explicar opiniones o situaciones. Para traducirlos hemos contado […]

Guía y Consejos para preparar tu viaje a Japón

Preparándose para un viaje a Japón Muchos de nosotros tenemos dentro de nuestras metas personales, hacer un viaje o vivir algún día en Japón, pero ante lo desconocido tenemos muchas dudas sobre lo qué debemos hacer, o cual es la forma más fácil, económica y agradable para ir a Japón, por eso hemos recopilado algunos […]