Eventos archivos - RyûHiKai 「龍火会」

Nagoya Matsuri, es festival de los shogunes

Festival de los Lords Feudales en la ciudad de Nagoya Anualmente, el tercer sábado y domingo de octubre, se lleva a cabo en la ciudad de Nagoya un tradicional festival donde la principal atracción es un desfile encabezado por tres de los señores feudales más importantes según la historia de la ciudad en el periodo […]

Entre Aromas y Fragancias, cata de té verde y café en Medellín

Cata de Té verde y Café, evento en Medellín Vive una experiencia exquisita, entre los aromas y sabores de unas tazas de Té verde de Japón y Café de Colombia. Que se conviertan en la excusa perfecta para encontrarnos y descubrir juntos, los secretos y placeres de dos bebidas milenarias. Registra tus datos aquí para disfrutar […]

Yipao:コロンビア文化のイコン

どのようにしてJeep Willysはコロンビアの象徴的な文化になったのか? Jeep Willysのジープタイプの乗り物はその機能で知られています。どのようなタイプの地面の移動にも適し、さらに、力が強い、といった性能を持ったこのジープは、コロンビアのキンディオ県カラルカという町で、よく見かけられます。理由はとても簡単、カラルカの田舎ではこのジープが様々な面で大きな助けとなるからです。 このジープを最初に使い始めたカフェ農家たちを褒め称えるため、コーヒーのお祭り“ジパオのパレード”は60年以上前から行われています。このパレードの主役はJeep Willys。 お祭りではコーヒー、バナナ、さらに旅客までもがどのようにして運ばれるのか見ることができます。そのほか、高い有用性をお祝いするこのお祭りは、コーヒー農園やコロンビアの土着民の一つの顔となりました。 パレードではいくつかの異なった種類のジパオを見ることができます。 競争の外で 競争用のジープではなく、ジープを溺愛する人たちの持つジープコレクション。 芸術と労働のジープ コーヒー祭りのパレードの女王たちに付き添うジパオ達が見どころ。このパレードでは、木やレンガ、屋台車、オレンジ、バナナ、じゃがいもなどの彫像をジパオ達が背負っているところを見ることができます。 コーヒーと仕事 このパレードでは、まるでぴょんぴょんと跳ねているかのような、そびえたつ前輪部分のタイヤ2つを注目して見てください。しかし、ここで本当に見せたいものは、大量のコーヒーを軽々と背負う、その力強さであります。さらに、ジープのバランスを保つために、後部の予備タイヤの調節をするたくさんのジパオも見どころの一つです。 引越し お祭りを楽しむ人たちが最も期待するパレードの一つ。まるでことわざで言われているような、“家を背負う”、引越し屋のようなジープ、たんす、年季の入った写真、自転車、テレビから家族までも含む全てのジープ参加者を見ることができます。 後輪のみで回転するジープ 続くのは、後輪のみで回転するジパオで、2つのタイヤでより長い距離を走るそのコンテストでは、審判は不正行為はないか、ジープの検査をしたり、またアクロバティックさの評価をします。 このコーヒー祭りは、町のアニバーサリーである6月29日に実施されます。 メデジンからであれば、距離は257.7Kmなので、時速55Km~70Kmであれば、5時間ほどで着くでしょう。 飛行機であれば、30分ほどで、メデジン近郊のホセ・マリア・コルドバ国際空港から乗り換えなしで行けます。運賃は約$120.000~$150.000コロンビアペソ(40ドル~50ドル)。 ホテルは一泊$200.000~$400.000コロンビアペソ(70ドル~110ドル)ほど。 コロンビアの文化を深く味わってみたい方はぜひ!   Traducción al Japonés: Shiori Matsumoto

Himawari Matsuri, Japón se torna de amarillo por estas épocas

Agosto, y el festival del Girasol Por estas fechas se celebra en Japón el Kiyose Himawari Festival (清瀬ひまわりフェスティバル) o Festival del girasol en Kiyose, un evento que inició desde el 2008 y que este año se lleva a cabo desde el 19 de agosto hasta el 3 de septiembre. Un basto campo es cada año ocupado […]

Clientes de café japonés disfrutaron de una cita con una Idol virtual

Hatsune Miku en Sendai Japón es un país que siempre ha estado a la vanguardia de la tecnología, pionero en desarrollar elementos tecnológicos que desde ya hace varios años implementan realidad virtual y realidad aumentada en un alto nivel. Considerando el interés de la población japonesa hacia el mundo virtual,  el Blue Leaf Cafe, un café ubicado en […]

5 palabras clave del Obon, la fiesta de los espíritus

Conoce cómo los japoneses traen a sus ancestros, de nuevo a este mundo Cuando llega el caliente verano a Japón es indicio de que la fiesta del Obon está por llegar,  y aunque nada puede remediar traer a alguien de la muerte, en la cultura japonesa se dedica un día a dar la oportunidad de que […]

Tour silletero Ryuhikai en Santa Elena, feria de las flores de Medellín

Cuando pasa un silletero, es antioquia la que pasa Con este slogan nos recibe el corregimiento de Santa Elena, en el oriente de la ciudad de Medellín. Esta zona montañosa y llena de campos y cultivos de todo tipo de productos, especialmente flores; conserva en su historia, una tradición de más de 60 años que […]

花が仕事?サンタ・エレナでの美しすぎる仕事: Santa Elena

サンタ・エレナ(Santa Elena) コロンビアのアンティオキア県の首都メデジンで毎年行われる、「花祭り」(Feria de las Flores)。世界的に有名なこの花祭りに深く関わりがあるのが、山の向こうにあるサンタ・エレナと呼ばれる村です。常春なメデジンより涼しく、過ごしやすい温度でした。 メデジン最大級のお祭り!Feria de las Flores 1960年代から毎年7月末から8月にかけて開催される「花祭り」。1週間にかけて、沢山のイベントが行われ、最後に花飾りパレードで締められる盛大なお祭りです。一番の見どころがこのパレード。シジェタ(silleta)と呼ばれる花飾りがサンタ・エレナから運ばれ、昔から伝わる1メートル大きさのものから、成人男性の身長を大幅に上回る大きさのものまで、沢山の花飾りを背負った職人たちが列になって歩きます。 この祭りは、アンティオキアの独立記念日にあわせてこの日程になり、職人が担ぐ花は、アンデス山脈での奴隷が人をのせて担いでいた象徴です。今ではこのシジェタが1つの芸術の形となっており、賞を目指して職人たちが様々な工夫を施した美しい作品が見られます。 “メトロカブレ”で山の向こうへ そんなサンタ・エレナへは、山を超えていかなければなりません。バスでも行くことができますが、私のおすすめは、メデジンのケーブルカー、メトロカブレです。 まず、メトロのアセベド(Acevedo)駅にてケーブルカーに乗り継ぎます。改札を出ずに、乗り換えてください。このケーブルカーの終点、サンタ・ドミンゴ(Santa Domingo)駅までいきます (2017年7月現在2300ペソ約85円)。サンタ・ドミンゴ駅にて、次のメトロカブレに乗り換え(2017年7月現在5200ペソ約192円)、終点のアルビ公園(Parque Arvi)でおります。 アルビ公園の、市場の左にのびた道を登ると、T字路にあたり、そこにサンタ・エレナ行きのバスが通っています(2017年7月現在2000ペソ約74円)。シジェタ作りを見学させてくれる職人の家は沢山ありますが、ランドマークがないため、事前に地図をダウンロードしておきましょう。     アルビ公園の市場で腹ごしらえ アルビ公園には沢山の観光客が訪れるため、ここの市場はコロンビアの様々な食べ物が手軽な価格で並んでいます。(レートは2017年7月現在のものです) エンパナダ 2000ペソ(74円) トルタデレンテハ(ベジタリアンハンバーグのような) 1500ペソ(56円) トルタデチョクロ(とうもろこしケーキ)       2000ペソ(74円) エンジュカーダ(もっちりしたケーキ) 2500ペソ(93円) フルーツ(イチゴ、ぶどう、さくらんぼ) 4000ペソ(148円) 家に何百種類もの花?! 沢山の、職人が自分の家を公開して花飾り:シジェタがどのように作られているのか見学することができます。その中でも、警察が保護のために定期的に点検に入るほど大切にされているのがこのエレンシア・シジェテラ(Herencias Silletera)。入り口に小さな看板があり、ベルを鳴らすと職人がツアーをしてくれます(2017年7月現在20,000ペソ約739円)。https://www.facebook.com/fincaherenciasilletera/ 何百種類もの花が咲いた彼らの“庭”を、スペイン語の説明とともに抜け、毎年行われる花祭りにて受賞したトロフィーやリボンを保管した小さなショールームに案内されます。案内をしてくれたおばあちゃんからは、自分と家族の仕事への誇り、伝統と花への愛を感じました。2つの色が合わさった花も、自分達で研究して咲かせているようです。 日本の畑サイズの、“庭”というと想像つかないような場所一面に、様々な色の花が咲いています。全てはシジェタのためで、沢山の種類や色の花があることで芸術の幅が広がるのだと感じました。 帰りのバスは、30分に1本しか通らないようなので、見つけたら手をあげて止まってもらいましょう。アルビ公園(Parque Arvi)まで行くことを確認してから乗ってください。 メデジン一押しの花祭り2017年度は、7月27日に始まりました。自分の村、文化、伝統、仕事を愛す人々に会いに、祭りの主人公であり裏幕のサンタ・エレナを訪れてみてはいかがでしょうか。一見の価値あり!