Cultura archivos - RyûHiKai 「龍火会」

メデジン日本語スピーチコンテスト:日本では聞けない「日本語」

第7回メデジン日本語スピーチコンテスト 2017年7月15日、メデジンのベレン図書館にて、日本語を学ぶ学生による、第7回メデジン日本語スピーチコンテストが行われました。彼らが時間をかけて書き、暗記したスピーチは、コロンビア人だからこそできるものであり、それを日本語で聞くという、今までしたことのない経験でした。 日本人がデザインした図書館 ベレン図書館(Parque Biblioteca Belén)は、日本人によりデザインされた公共施設です。図書館といっても、図書室だけでなく、ホールや、たくさんの多目的室があり、イベント会場にもなっています。 ここへは、メトロのアグアカタラ(Aguacatala)駅、ポブラド(Poblado)駅、インダストリアレス(Industriales)駅、エスタディオ(Estadio)駅を通るシルクラル・スール(Circular Sur)というバスが通っています。山手線のように右回り、左回りとあるので、乗る際ベレン行きのことを確認して乗りましょう。 http://www.reddebibliotecas.org.co/bibliotecas/pb-belen 日本語を話すコロンビア人 地球の歩き方でも、ごく一部しか取り上げられていない国、コロンビア。しかしこの国では日本語のクラスがあり、日本に興味を持った生徒達が日本語を学んでいます。 メデジンスピーチコンテストは、そんな生徒達による、誠意のこもった発表の場です。ボゴタからの大使館の方々に審査員をお願いし、入門、初級、中級の3つに分けられたそれぞれのレベルで準優秀賞、最優秀賞が授けられます。その他に審査員賞、最優秀賞が与えられ、第7回の最優秀賞はイサベル・アルニシエガスさんに与えられました。 コロンビア人ならではの日本語 入門の生徒達は、決められた文を工夫して、声の高さを変えたり話し方を変えたりして話していました。初級から、それぞれが考えたテーマのスピーチをしていました。 自分の夢の話、日本への愛、趣味の話、コロンビアの話など、多岐にわたるテーマが語られましたが、その内容は、日本人がもたないコロンビア人の概念が詰まっていてとても興味深かったです。 育った環境が違えば、同じものをみても感じるもの受ける印象は違います。地球の裏側で生まれ育っていれば、なおさら異なる考え方が生まれるでしょう。しかし言語を話すにあたっては、その国の文化の理解が必要です。日本の文化を勉強し、コロンビアの文化と融合した先の、彼らの「日本語」は他では聞けない、「コロンビアならでは」のものでした。 毎年開催されているメデジン日本語スピーチコンテスト。ボゴタでも行われているので、旅や留学の気分転換に、 是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

色とりどりの家の間を通る巨大エスカレーター?! 大変貌をとげたコムーナ13 (Comuna13)

コムーナ13 昔はコロンビア人でさえ立ち入るのを拒んだエリア、グアタペまで行かずにカラフルな家をみれるコムーナ13(comuna 13)。私は5月に行きました コロンビア第2の都市、メデジンのセントロから30分もかからず行けるこの場所は、あるプロジェクトによって有名となり、今では沢山の外国人が英語を教えています。グラフィティーが施された壁でモデル気分に写真を撮るのもいいですね 家を縫うようにエスカレーター?! 急な丘に建っている家の間に鮮やかなオレンジ色のエスカレーターが建てられました。これはこの場所の治安をよくするために行われたプロジェクトの一部です。2009年まで殺人が続いたこのエリアは、一度は「コロンビアで一番危ない街」とされたほどでした。 しかしここ数年で、「最も革新的な都市」と言われるほど、変貌をとげました 。このオレンジ色のエスカレーターは、この発展の象徴のひとつです。コムーナ13ツアー客をよぶだけでなく、住人の足にもなっています。このエスカレーターによって、住人たちは仕事に行けるようになり、エリアから出やすくなりました。 インスタグラムやトリップアドバイザーに注目されており、昔の話をきかなければ、危なかったなど想像もつかないほどの変貌をとげています。エスカレーターに沿って家が並んでおり、住人たちの生活感もみられます。 電車とバス、約160円 メデジンのセントロ(アメリカのダウンタウンのようなイメージ)、サンアントニオ(San Antonio)駅からサンハビエール(San Javier)駅行きの電車に乗って終点まで。チケットは改札前のカウンターで買えます(2017年7月現在2300ペソ約86円) 改札を出て、正面の道の反対側を通るバスに乗ります(collectivo 221)。乗る前に、エスカレーラス・エレクトリカス(escaleras electricasエスカレーター)と確認することをオススメします 10分くらいゆられているとつきます。降りたところから、坂を上ると、カラフルな家が見えてきます さらに、サンハビエール(San Javier)駅の改札を出ずにケーブルカー(metro cable)に乗り換えると、2駅くらいで上からコムーナ13が見られます。 メデジンのグラフィティーと言えばここ!! Comuna13では、あらゆるところでグラフィティーが見つけられます。ここのグラフィティーのほとんどは、チョータ(CHOTA)という若手のアーティストによっててがけられています。(CHOTAのインスタグラムhttps://www.instagram.com/chota_13/) グラフィティーは昔、コロンビア人にとって今のように芸術ではありませんでした。自分たちの地域の’見えない境界線’を示すために、または外の人にある区域の始まりを知らせるために使われていました。そのため、そのルールを知らない観光客などは足を踏み入れることが許されませんでした。しかし今ではポストカードが作られるほど概念が変わり、アートとして親しまれています。 エスカレーターが5-6に分かれていて、登るごとにグラフィティーがあります。動物、鳥を描いたもの、メッセージ性のあるものまで、グラフィティーツアーがあるほど、種類が豊富です。 今ではメデジン観光に欠かせないこのエリア。フォトジェニックを追い求めつつ、歴史と合わせて散歩してみるのも、興味深いのではないでしょうか

7 Concurso de Oratoria en Japonés de Medellín

Medellin Nihongo Speech Contest 2017 El sábado 15 de julio desde las 2:00 p.m., en la ciudad de Medellín, se llevará a cabo la séptima versión del Concurso de Oratoria en Japonés de Medellín. Este evento organizado por Nihon Club Medellín y su directora la profesora de japonés Hatano Kaori, invita a los estudiantes del idioma […]

Datos increíbles de las Onomatopeyas en la vida diaria de los Japoneses

Transmitir a través de las onomatopeyas Hara Hara, Doki Doki, Waku Waku, Fuwa Fuwa.. tal vez no es la primera vez que escuchas estas expresiones y aunque todas son diferentes tienen algo en común, son palabras denominadas  “onomatopeyas” término genérico que se utiliza a las palabras que mimetizan, es decir, que intentan copiar información o […]

Tanabata, celebrando el amor entre dos estrellas

La leyenda de Altair y Vega Cuenta una antigua leyenda china, que cada 7 de julio Orihime y Hikoboshi, atraviesan la vía láctea para encontrarse y renovar sus votos de amor. Orihime (織姫), la princesa tejedora, hija del Rey Celestial, Tentei (天帝) tejía hermosas telas a orillas del río Amanogawa (天の川), la vía láctea, pero […]

Giri, ochugen y oseibo, entendiendo el compromiso de los japoneses

Por compromiso, obligación o conveniencia, ¿Darías un regalo en el verano o navidad? Parece una pregunta sin sentido, pero ha cavilado en mi cabeza desde que estoy realizando un estudio profundo de la cultura japonesa a través de una interesante lectura; gracias a los libros de una editorial muy recomendada por nosotros: “Satori Ediciones“me encontré […]

Irezumi, el arte del tatuaje japonés

El tatuaje es practicado desde la antigüedad y se considera parte importante de la cultura humana, ha sido por muchos años el medio ideal para plasmar una historia, una creencia o simplemente una expresión personal que se queda grabada por siempre en la piel. Irezumi El Irezumi 入れ墨 que significa literalmente “meter la tinta”, es […]

Frutas japonesas, un tesoro que vale oro

En Colombia abundan, en Japón las ofrecen a precios desorbitantes A propósito del recorrido que nuestra autora Shiori Matsumoto realizó por la Plaza Minorista de la ciudad de Medellín, contemplando Un tesoro de frutas; nos preguntábamos: ¿Por qué para los japoneses es tan sorprendente ver tantas frutas disponibles en países tropicales como el nuestro? Y […]

Kokeshi, historia detrás de las muñecas japonesas

Hermosas muñecas sin manos Las Kokeshi son muñecas que nacieron aproximadamente a finales de la época Edo o Inicios de Meiji en  la región de Tohoku en Japón, conocida como una región de aguas termales curativas, se dice que en un principio fueron elaboradas como juguetes para niños y al parecer desde entonces había una […]