Así viví la Comic Con Colombia 2017

Mi experiencia como cosplayer en CCC Por varios años consecutivos he asistido a uno de los eventos del país con más afluencia de publico; los amantes a los videojuegos, el comic, el manga, el anime se reúnen en un solo lugar para compartir en familia o con amigos sus mayores pasiones. Desde la hora de […]

真っ白な小さな街・ポパジャン(Popayan)

ポパジャン 真っ白でまるでヨーロッパのような外観で、コロンビアの他の都市とは全く異なる雰囲気を持つ、カウカ県の県庁所在地ポパジャン(Popayan)。 スペイン人入植から間もない、1538年に建設されたこの街は、2009年に、3月末から4月半ばのイースター期間に行われる宗教行事がユネスコ世界無形文化遺産に登録されたこととしても有名です。 ポパジャンまでの行き方ですが、ポパジャンは小さい街なので、ボゴタからは直通便で飛行機が出ている一方、メデジンからは出ていないので注意が必要です。 バスでメデジンから12.5時間。ボゴタからだと、14時間、95000ペソ(2017年4月現在約3800円)。 特にメデジンーカリ間の長距離バスは、山道が続くので、慣れていない方はバス酔いしてしまう可能性がありますので、酔い止めお忘れなく! また、ポパジャンの気温は一年通して17度前後ですが、夜になるとダウンを羽織れるくらい寒くなるときがあるの、気候には気を付けてください。 バスターミナル、もしくは空港から市内中心地にはタクシーやバスなしで歩いていけてしまうと思います(治安もそこまで悪くない印象ですが、ただし、夜はタクシーの利用がおすすめです)。カウカ県の県庁所在地といえども、それくらい本当に小さい街なのです。 ポパジャンは国の中でも有数の歴史ある古い街で、1536年にスペイン人によってその基礎が作られたとされています。コロニアル調の建造物や宗教建築は、スペイン人によって征服された国で登録されるcentro histórico colonial(日本語直訳は、植民地歴史地区) というラテンアメリカ版世界遺産に登録されています。 40%の建物が壊れてしまったという1983年の地震の影響をほとんど見せないほど、白の建造物と金の文字で統一された街並みは、まるでヨーロッパか、というような印象を持たせます。 中心の広場、カルダス公園。カルダスとはポパジャンが位置する県の名前。昼間から地元の人でにぎわう、まさに町の中心です。 1673年~82年に建設されたと言われている、時計塔も広場に隣接されています。 さらに中心から東に少し行ったところにあるプエンテ・デル・ウミジェデロ(puente del humilledero, 直訳で十字架の橋)。12個のアーチを持ち、180mもの長さを誇るこの橋は、断層によって渡るのが難しいとされていた部分解消を目的に1873年に建設がスタートされました。 さらにまた少し歩いたところにあるモンテ・エル・モロ(monte el morro, 直訳すると丘の山)からはポパジャン全部の景色を見ることができます!さすが山だらけのコロンビア、ちょっと登って下を見ると、町が全部見えてしまうんですね。 そして、ポパジャンと言えば、イースター!というのも、この時期にポパジャンで行われる、キリスト復活祭の一つの行事、プロセッション(procesiones)が世界文化無形遺産に登録されているからなのです。スペイン人入植時代の16世紀半ばから行われ続け、コロンビアの中でも有数の宗教伝統的なお祭りだというのが決め手になったそうです。 この、日本人にはあまりなじみのないイースターとは、スペイン語でセマナサンタ(Semana Santa)と呼ばれ、3月の半ばから4月の半ばの、“春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日”とされています。そのため、毎年日付が変わりますので注意が必要です。 ちなみに2017年は4月9日から16日でした。 カルダス広場を中心に2017年は4月11日から15日の5日間、行われました。 プロセッションとは、日本語では聖行列と訳され、キリストの死と復活をお祝いするイースターのミサの一つです。キリストの死についての一連の流れを、様々な模型とともに表現するこのお祭りは、聖なる金曜(el Viernes Santo)が一番の盛り上がりを見せると言われています。 ポパジャンでは約2キロの町の中心を、木製の像(現代でも使われている像の大半が17世紀にできたとされている)を乗せた花の飾られた台や、十字架にかけられたキリストなどの像とともにパレードを楽しむことができます。 セマナ・サンタの世界遺産を狙ってポパジャンに行くのもよし、それ以外の季節にだって楽しめる、真っ白で小さな街、ポパジャンへ是非行かれてみてはいかがでしょうか?

¿Cultura Metro Japonesa? Preguntas que te haras al viajar en los Trenes japoneses

¿Experiencias de la Cultura Metro Japonesa? Si eres colombiano y sobre todo si has estado o vives en la ciudad de Medellín el término de “Cultura Metro” no te será del todo desconocido, el sistema de transporte Metro de Medellín tiene dentro de su organización y ya hace muchos años la gestión social y educativa […]

Hyper-Reality de Keiichi Matsuda en Medellín

Medellín vista en un futuro de realidad aumentada Aunque ha pasado casi un año desde su publicación, nos encontramos con un interesante cortometraje del director Keiichi Matsuda titulado Hyper-Reality; patrocinado gracias a la plataforma Kickstarter con 29.386 libras (131 millones de pesos), el director de origen inglés/japonés presenta en un corto de poco más de […]

グアタペ – Guatapé

世界でいちばん色のついた街、グアタペと220mの隕石・ペニョール コロンビア第2の都市、メデジンから行ける観光地として今、有名なグアタペ。カラフルで絵のついたかわいい街並み、まるでおとぎ話の中に入り込んだような小さくて明るい街は日本人バックパッカーのみならず、世界各国からたくさんの観光客であふれています。 さらに隣接するペニョール岩の存在も聞いたことある人、多いのではないでしょうか?220mもの高さのある巨大な岩は、一説によれば隕石らしい…そんな謎めいたグアタペを今回はご紹介します! カリベ(caribe)駅に接続された北バスターミナル、一階の14番と書かれた窓口でペニョール行きのバスチケットを購入、12000ペソ(2017年4月現在、約500円)。 帰りのチケットはグアタペで購入することができます。 2時間バスに揺られてペニョール岩の入り口で降りましょう。 ここでたくさんのジープや馬の勧誘がされますが、岩の登り口までは歩いて10分から15分くらいなので、歩きましょう! 入場料18000ペソ(2017年4月、約720円)を払い、いざ岩登りスタートです。 220mもあるこのペニョール岩は、もともとスペイン人が征服する前、祈祷のために使われていましたが、長い月日を経て1954年に、地元民が5日間で頂上まで登る道を作り上げました。 当時はほんの13人ほどしか頂上に到達できなかったそう…ですが、今では700段近くの階段があるので、安心して頂上を目指すことができます😊 360度、不思議な形をしたダムとそれを構成する村々を見渡しながら、心地よい冷たさに身を任せてセルフィーを撮る。頂上には羽蟻がすこしいるので注意が必要ですが、登り切ったとき、その努力は無駄じゃなかった、と100%確信できる不思議な岩、ペニョール。   ペニョールのふもと、もしくはバスを降りた場所から、ジープに乗って向かうのは、グアタペ!歩いて向かう人も見ることができますが、時間はかかってしまうので、ジープの利用がおすすめです。 先ほどのペニョール岩を横目に見ながら、10分少し、風に揺られて、カラフルな街並みが現れたらそこがグアタペです。 敬虔で伝統的な農民たちが作り上げた、色であふれた可愛い街。 コロンビアでは必ずと言っていいほどよく見られる、広場とセットの教会までも、誰もが惹きつけられて入りたくなってしまうように出来ています。 おすすめの撮影スポットは、お土産屋さんの立ち並ぶ道を入った所にある、広場。ここまでか、と言わんばかりにべた塗された階段に座ってザ・グアタペな記念写真を持ち帰ってください! このグアタペという町、ダムが2200ヘクタールにも渡っていて、水と共存しているわけですが、1970年代の、ダム建設をきっかけに町の多くの部分が浸水してしまったことに由来しています。しかしながら、そのおかげでかの有名な美しい風景が見られるようになりました。 さらに夜は、光があまりないためにまるで天の川のような大量の星を見ることができます。 町一周歩いて回っても、一泊して船を使ってダムを横断するのも、自転車を借りて走り回るのも、ツアーを利用しても良し。メデジンから週末で楽しめる、グアタペ、ぜひいかれてみては?

タタコア砂漠 – Desierto de la Tatacoa

砂漠といえば、鳥取砂丘のような一面砂、砂、砂、単調で乾いているイメージ? でもコロンビアにある砂漠はそんな砂漠とはちょっと違う!? まず首都ボゴタから長距離バスで約6時間、南に下ったところにあるネイバという都市まで、コロンビア最大のバス会社の一つ、Bolivarianoで29000ペソ(2017年3月現在、約1200円)。 乗り合いのタクシー、もしくはバンに乗り換え、タタコア砂漠の最寄り、Villa Vieja(ビジャビエハ) まで1時間。 とても小さいビジャビエハですが、恐竜の博物館(Museo Paleontológico de VillaVieja)があったり、dormilonesと呼ばれる、触れると葉が閉じる草に出会えたり、かわいい村です。 さらに少し進むと、緑から茶色に景色が変わります。ここでもし、Villa viejaで乗り換えが必要な場合、乗り合いのタクシーもありますが、モトタクシー(moto taxi)と呼ばれるオートバイのタクシーもあるので、利用することができます。 Desierto Tatacoa の文字が出てきたらそこがタタコア砂漠です。 タタコアには主に2つの見た目の異なる砂漠があります。 1つはエル・クスコ(el cuzco)と呼ばれる、硫黄で赤茶になった砂の群、まるで立体迷路のような作りになっている砂漠。花のついたサボテンや平べったいサボテンが育っています。 もう一つはロス・オジョス(los hoyos)と呼ばれる、鉄の地層、一面灰色の砂漠。その色から、お化けの集会(congreso de fantasma)という愛称を持っています。 どちらも3時間程度で歩けるので、午前午後分けて、一日ですべて回ることはできますが、ギラギラ太陽、40度近くの気温の中、歩くのがきついかもという方は2日にわけて隣接するプールに入ることもできます(プール入場料6000ペソ、2017年3月現在約240円)。 さらに、宿泊場でツアーを申し込むこともできるので、話を聞きながら歩きたい方はそちらもどうぞ。私の参加したツアーはスペイン語がメインでしたが、英語での通訳も部分部分で聞けばしてもらえるような形でした。 また、歩くのがやだっていう方向けにはウマのツアーも用意されています。砂漠だけど、ラクダはいないのがおもしろいところですね。 さらにタタコア一帯、ヤギがたくさーんいますが、ほとんど全部食用です。 宿泊場にあるレストランで、提供されているのでチャレンジしたいという方はぜひ、鶏肉みたいでした☺ 夜はtigreと呼ばれる宿泊施設のある、天体観察場で星のお話を聞くことができます。すべてスペイン語なので難しいかもという人も、ぼーっとマットで横になりながら星を見ましょう!夜中、文字通りの天の川が堪能できるはずです。   いかがでしたか? ネットの電波がない地区が多くを占めるので、うっとおしい日頃の喧騒から離れる週末を、タタコア砂漠で過ごしてみるのはいかがでしょうか?

Costa de Santa Marta, Colombia - Fotografía: Shiori Matsumoto

サンタマルタ – Santa Marta

コロンビアの北、カリブ海に位置する、コロンビアで一番古い都市サンタマルタ。 La magia de tenerlo todo(魔法のように 全てがそこにある)という愛称を持つのには、コロンビアのすべてをサンタマルタが持っているからなんだそう。 海岸は暑く、山脈は雪があるといった幅広い気候の違い、カリブ海があれば、先住民の住むシエラネバダもある…このような違いがサンタマルタの豊かさを生み出しているのです。 1991年の憲法改正の際には観光・文化・歴史地区に指定されています。 スペイン人征服者が来る前、16世紀以前、インディヘナ(先住民)が暮らしていました。移住が多かったため、民族の特定は難しいとされている中でも、タイロナ族はカリブ海地域からシエラネバダ山脈のふもとまで多大な影響を与えました。AD800年頃タイロナ族は先住地を建て、征服者が来るまで金細工や農業をしながら暮らし、16世紀以降、スペイン人の支配を避けるためシエラネバダに一部のタイロナ族は逃げ、今ではシウダー・ペルディーダ(失われた都市)として知られています。 サンタマルタの始まりは、1525年7月29日。スペイン人の征服者の一人、ロドリゴ・デ・バスティーダによって建てられました。また、かの有名なラテンアメリカの解放者、シモンボリバルが1830年12月17日に亡くなった場所があることでも知られています。 同じくカリブ海沿いに位置する世界遺産、カルタヘナからサンタマルタまではバスで5時間、25000ペソ(約1000円)。 カルタヘナとサンタマルタの間に位置するコロンビア第4の都市バランキージャからサンタマルタはバスで2時間半、会社によって異なりますが10000ペソから15000ペソ(約400円から600円)。 そんなサンタマルタの観光地を紹介します ①サンタマルタ・ダウンタウン 安宿が多く並ぶ、ダウンタウン。夜になると人通りの減る場所がありますので、注意は必要ですが、キント(carrera quinto、5番通り)を中心に常ににぎわっている印象です。 ロス・ノビオス公園。周辺は観光客向けのバル(飲み屋)やレストランなどが多くあります。 また、隣に位置するmuseo de oro(黄金博物館)は、もともと税関所として使われていました。また、かの有名なシモンボリバルはここでなくなりました。現在は黄金のみならず、サンタマルタの歴史を語る観光地となっています。 キント(五番通り)に面したイグレシア。1765年に建てられた、なんと、南アメリカ最古の教会です。 海沿いに並ぶ、銅像。散歩しながら歴史を感じられます。 特にサンタマルタを1525年に作った、ロドリゴ・デ・バスティーダ(Rodorigo de Bastida)の銅像は写真撮影の場所として観光客の間でも有名です(2枚目)。 サンタマルタの海岸は砂浜でのんびりおしゃべりしたり、散歩する方がメインです。小舟で 1時間弱で沖まで行けるツアーも、不定期で朝から開催されているので、声をかけられたらぜひ参加してみてください! ②タイロナ国立公園 サンタマルタに行ったらぜひ行ってほしい、国立公園。 サンタマルタのセントロにあるバス停(calle11, carrera9の角、mercado públicoの近く)から約1時間、7000ペソ(2017年3月現在、約280円)。 アマゾンのような雑木林が続いたと思えば、不思議な形をした岩に出会い、波音をバックに進めば、次々と現れる海。潜水の体験もできるこの公園は、36種のコウモリを含む100種もの哺乳類や400種にものぼる鳥だけでなく、4部族の先住民(インディヘナ)が共存しています。 朝早く入場して、1日で帰る旅行者もいれば、4日間キャンプしながら過ごしても飽きないという観光客も。それぞれの目的に合った楽しみ方のできる、15㌔㎡もの広さを誇る公園です。 入場口から出ているバン(3000ペソ、約120円)に揺られること10分、もしくは50分歩いたところから始まるハイキング。 まず歩いて20分のところにあるカニャベラル(Cañaveral)は入場が許可されているものの、こじんまりした海のある地区。宿泊施設あり。 続いて1時間ほどたったところにあるアレシーフェス(arrecifes)は海へ入ることはできませんが、キャンプ場、レストランがあります。 さらに15分ほどのところにあるラ・ピシーナ(La Piscina)は海岸。海への入場可。キャンプはできないが、入場口から一番近い、開けた海岸であるために、人気が高いそう。 など日帰りで行けるコースは以上、まだ奥に続く広い公園なので、楽しみ方はたくさん。 中にはハンモックやコテージもあり、トイレやシャワーのついたキャンプ場あるので、自然と戯れたい方はぜひ、夜を明かしてみては? 《注意点》 入場にはパスポートなど身分証が必要。万一忘れた場合も、1人の提示につき1人が同伴できるが、極力身分証を持っていくよう注意が必要。 外国人料金44900ペソ(約1800円)、5歳から12歳の子供または26歳以下でさらに学生証の提示で9000ペソ(約360円)。入場のためのネットでの予約が可能。 車での入場は一台につき13000ペソ(約520円)。 また、楽器、アルコールの持ち込み、ペット同伴での入場は認められていない。 年に一度一か月の長期閉園期間あるため注意が必要。2017年は2月。 ③シウダー・ペルディーダ シエラネバダの中にある、インディヘナの建てた、遺跡。 実はかの有名なペルーのマチュピチュより早く建てられたと言われています。 16世紀にスペイン人がコロンビアに到着した後、タイロナ族が支配を逃れるためにシエラネバダに移住地を作るも、戦争や病気によりタイロナ族の人口が激減、17世紀ごろからは誰もいなくなり、20世紀後半になるまで誰にも見つけられず… そんな神秘的な遺跡ですが、シエラネバダ山脈の中にあるという理由と、徒歩以外の手段がないため、遺跡にたどり着くためには1日以上かけての散策が必要です。 ツアーは最短2日なので、旅程に余裕のある方は、ぜひ、コロンビアのマチュピチュへ! ④タガンガ […]

Concierto de Haiku: Los cuatro elementos – Ser Aire

Acá estoy simplemente. La nieve cae Issa El taller HAIKU-DÔ en Medellín, apoyado por el Parque Explora y la Fundación Zen Montaña de Silencio, continúa su camino de difusión y fortalecimiento del haiku escrito en lengua española, emprendido desde el año 2013, convocando al Segundo movimiento del Concierto de haiku: Los cuatro elementos (cuatro, en […]

カリブの町: カプルガナ – Capurganá

カプルガナ さてさて、カリブの町へご案内。世界観光地のカルタヘナなどは知れ渡っていているので隠れた穴場へ。 コロンビアとパナマの国境付近、ダリエンと呼ばれる地域です。山んなかはちょっとやばいんですが海岸域はそうでもなく結構バックパッカーのパナマからコロンビア入国の陸水路のルートだそうです。そのなかでも比較的整備されている町、カプルガナ。じつは、30年近くこの国の海岸を歩き回って一番最後に行ったところで一番気に入っています。 行き方: 陸路はないです。直行の飛行機もないです。よって海路で行くことになります。メデジンから陸路で着けるウラバ地域の町、トゥルボ、もしくはネコクリから船が出ます。時間のない人は残念ながら難しいです。というのも船に乗る日の前日につく必要があります。そうなるとお勧めはネコクリ、田舎のリゾートで経費もお安め。自分のお友達の漁師のコミュニティーで美味しい現地の魚料理も食べられます。トゥルボは商業地なのでワサワサしているのとあのドブ臭さはどうも。 具体的には、メデジンからバスで約9時間でネコクリ、ぶらぶらしながら一泊して翌日船でカプルガナ、2時間弱の船旅です。 この旅で一番気に入っているのは船が走り出しある一線を越えると水の色がスカーと透明度も増すところ、何度見てもいいですね。 お宿: 日帰りは無理です。船が一日1便ですから、でお泊りはと。5千円近く出すとそれなりのホテルもあります。わたしの場合仕事がらみが殆どなので安宿で1千円くらいといってもぜんぜん悪くないですね。特に船着場前のお宿は朝日の昇るのが見えるお気に入り。2階の部屋にしてください。町の中を歩けば色々ありますのでお好みで。 町の様子: 小さいです、歩いて回りきれます。で、車がありません。オートバイも2・3台。一番活躍してるのは馬車です。船着場から砂浜沿いには高級なホテルとそのビーチ。で反対側へ町の中へ入っていくといろんなお店やおみやげ物や、食堂や酒屋などぽろぽろあります。奥へ行くと突然現れるサッカーコート。その周りもぽつぽつお店や飲み屋があります。で、PESCAPURという漁師のコミュニティー、わたしの仲良し。夕方に行くと捕れたての魚が買えて刺身ができます。腕に自身のある方は包丁と醤油をお持ちください。 食べ物: 一般的に、高い金を出せばうまいものが食えるという理論は成り立たないと私は思います。特にこの国の場合も。 カプルガナの町の中を歩いていると夕方から家の前に机を出して携帯コンロで油をあっため、揚げ物のスナックを作っているおばさんがチラホラと。で、これが実にうまい!で、安い。ちゃんとした食事も角のおばちゃんが日替わりの定食、ホテルの半分以下の値段で新鮮快食です。特筆はある魚が大漁だとその翌日はどこもかしこのその魚の定食になります。 飲み物: 普通にコロンビアの製品は手に入るのと、このエリアはフリーゾーン、パナマからの非課税製品がころころと。特にパナマのラム、「Abuelo」は私のお気に入り。で、安い。そういってもビールがいいですね。夕刻から海辺の波の音を聞きながらボーとする時間。 ダイビング: コロンビアの隠れたダイビングスポット。友人がインストラクターやってます。比較的安価なのと冒険的な環境、お好きな方はお勧め。この地域は魚影が濃いのでもぐるとかなりフィッシュウォッチングが楽しめます。 フツーの観光地にあきている方、お勧めですよ。

El arte de la traducción en la literatura infantil

Charla con Kazumi Uno: La magia en la traducción de libros infantiles

Desde el Español al Japonés Dentro de una pequeño pero muy acogedor momento en la Biblioteca EPM junto al parque de las luces y gracias a la Fundación Taller de Letras, la semana pasada tuvimos la oportunidad de tener una pequeña conferencia dictada por la traductora Kazumi Uno, una japonesa dedicada a la traducción de […]