Hiroshi Kaneko, autor en RyûHiKai 「龍火会」

カリブの町: カプルガナ – Capurganá

カプルガナ さてさて、カリブの町へご案内。世界観光地のカルタヘナなどは知れ渡っていているので隠れた穴場へ。 コロンビアとパナマの国境付近、ダリエンと呼ばれる地域です。山んなかはちょっとやばいんですが海岸域はそうでもなく結構バックパッカーのパナマからコロンビア入国の陸水路のルートだそうです。そのなかでも比較的整備されている町、カプルガナ。じつは、30年近くこの国の海岸を歩き回って一番最後に行ったところで一番気に入っています。 行き方: 陸路はないです。直行の飛行機もないです。よって海路で行くことになります。メデジンから陸路で着けるウラバ地域の町、トゥルボ、もしくはネコクリから船が出ます。時間のない人は残念ながら難しいです。というのも船に乗る日の前日につく必要があります。そうなるとお勧めはネコクリ、田舎のリゾートで経費もお安め。自分のお友達の漁師のコミュニティーで美味しい現地の魚料理も食べられます。トゥルボは商業地なのでワサワサしているのとあのドブ臭さはどうも。 具体的には、メデジンからバスで約9時間でネコクリ、ぶらぶらしながら一泊して翌日船でカプルガナ、2時間弱の船旅です。 この旅で一番気に入っているのは船が走り出しある一線を越えると水の色がスカーと透明度も増すところ、何度見てもいいですね。 お宿: 日帰りは無理です。船が一日1便ですから、でお泊りはと。5千円近く出すとそれなりのホテルもあります。わたしの場合仕事がらみが殆どなので安宿で1千円くらいといってもぜんぜん悪くないですね。特に船着場前のお宿は朝日の昇るのが見えるお気に入り。2階の部屋にしてください。町の中を歩けば色々ありますのでお好みで。 町の様子: 小さいです、歩いて回りきれます。で、車がありません。オートバイも2・3台。一番活躍してるのは馬車です。船着場から砂浜沿いには高級なホテルとそのビーチ。で反対側へ町の中へ入っていくといろんなお店やおみやげ物や、食堂や酒屋などぽろぽろあります。奥へ行くと突然現れるサッカーコート。その周りもぽつぽつお店や飲み屋があります。で、PESCAPURという漁師のコミュニティー、わたしの仲良し。夕方に行くと捕れたての魚が買えて刺身ができます。腕に自身のある方は包丁と醤油をお持ちください。 食べ物: 一般的に、高い金を出せばうまいものが食えるという理論は成り立たないと私は思います。特にこの国の場合も。 カプルガナの町の中を歩いていると夕方から家の前に机を出して携帯コンロで油をあっため、揚げ物のスナックを作っているおばさんがチラホラと。で、これが実にうまい!で、安い。ちゃんとした食事も角のおばちゃんが日替わりの定食、ホテルの半分以下の値段で新鮮快食です。特筆はある魚が大漁だとその翌日はどこもかしこのその魚の定食になります。 飲み物: 普通にコロンビアの製品は手に入るのと、このエリアはフリーゾーン、パナマからの非課税製品がころころと。特にパナマのラム、「Abuelo」は私のお気に入り。で、安い。そういってもビールがいいですね。夕刻から海辺の波の音を聞きながらボーとする時間。 ダイビング: コロンビアの隠れたダイビングスポット。友人がインストラクターやってます。比較的安価なのと冒険的な環境、お好きな方はお勧め。この地域は魚影が濃いのでもぐるとかなりフィッシュウォッチングが楽しめます。 フツーの観光地にあきている方、お勧めですよ。

やっぱりカルタヘナ- Cartagena

ご無沙汰です。 2月は色々と仕事の方で行事が立て込んで気がつけば3月になってしまいました。日本では春の香りがし始めているでしょうがここではいつも同じ、今年はそれでもエル・ニーニョの影響で日照りが続いてかなり気温上昇しましたが。 さて、コロンビアといえば世界観光地になっているカルタヘナが上がるはず。確かにスペインの占領当時の城壁がそのままあったり、町あげて旧市街の保護をしてたりと、それに最近は観光客の人たちへとかなりきれいにもなっています。ま、そんななかでも私しか知らないような町の一面を…。 まずは代表的な風景をいくつか。上のはサン・フェリッペ城、昔は入場無料だったのですが最近はとられます。 次は旧市街の入り口の時計台。 そしてちらりと夜景 さて本題、 これらの美しい観光スポットを支えているものの一部に市場があります。なんだかんだ言ってもそこから物資が出され、来訪する人たちの胃袋をアテンドします。そんな市場、裏側の水場の船着場、実は労働力のかなりの部分が対岸のしまからやってきます。そんな船着場の様子を Fotografías del autor: Hiroshi Kaneko これらの船で人や物資が日々動きます。そしてここカルタヘナからパナマの国境地域まで物資を運ぶ船。現役です。 この船、トゥルボというパナマ国境近くから、太平洋岸内陸のキブドーという町までアトラト川を昇って物資を運んだりもしています。 片道3日から4日だそうで。 さて、島へ行きましょう。 この時は、ここで魚の取り扱いと料理の講習、実演では太刀魚を使ってセビチェッ、 まだまだ日本のように海の幸を十分活用するところには達していませんが25年前と比べれば格段の進歩、まだまだやることがありそうです。 では、最後に高級観光住宅地のボカ・グランデの写真で